イベントレポート

匠の夏まつり 2016

開催概要



匠の夏まつり2016「ビジネスをアジャイルする匠Method」
価値創造ループでビジネスのスタートアップを加速する

開催日時

2016/09/14(水) 15:00 〜 19:00

会場

フクラシア品川クリスタルスクエア
東京都港区港南1-6-41 (品川クリスタルスクエア 3F 会議室G)

スケジュール

14:30〜 受付開始
[15:00〜15:45] 日本でDevOps をロケットスタートする方法 (45分)
[15:45〜16:05] ビジネス価値創造をエンジアリングする匠Methodの今、そして未来 (20分)
[16:05〜16:25] 価値創造ループによるシステム構築の世界 (20分)
[16:25〜16:35] 休憩 (10分)
[16:35〜17:55] 事例ローテーション (80分)
[17:55〜18:05] 休憩 (10分)
[18:05〜18:50] パネルディスカッション (45分)
[18:50〜19:00] 匠BusinessPlace サービス紹介 (10分)
[19:30〜] 懇親会

セッション1

日本でDevOps をロケットスタートする方法(Microsoft 牛尾 様)

いよいよ始まりました
匠の夏まつり
最初はマイクロソフト牛尾さんの講演です。

日本でもDevOpsが劇的に効果が出ることを実感してもらいたいとの、メッセージがらはじまりました。

DevOpsはリードタイムを削減するとの話をよく聞くが、技術だけでは達成できないそうです。現実のはなしとして1日に10デプロイも可能になり、リードタイムは200分の1という驚異的なスピードが示されました。さらに、エラーは60分の1、エラーからの復旧も168倍になるそうです。
信じがたいスピードと効果です。

早くリリースしても使ってもらえない、そんなことはよくある。とおっしゃっていました。でも早くリリースし、ビジネスの失敗を経験して素早く修正する、それが大事なことだそうです。匠Methodの考え方にも通じるものがありますね。

では、マイクロソフトではどうだったのでしょうか。マイクロソフトではDevとQAチームをまず統合、そしてOpsとビジネス企画も統合してサービスチームを作ったそうです。そして、サービスに対する権限を持たせているようです。その体制にすることでチーム自身で考えて進めるようになるのでスピードが格段にあがったとおっしゃっていました。

では、日本でも実現できるの?そんな疑問に答えていただきました。

  • ムダを省くべき場所がはっきりわかるように可視化してプロセスを変える権限を持つ人をチームに加える
  • DevOpsやAgileはもともと西洋文化の上に立っているので、日本文化とのギャップがある。だから、日本文化と西洋文化のギャップを説明してあげればよい

そんな中、とても興味深い言葉「Be Lazy」がありました。より少ない時間で成果を最大化する、とのことです。それからもう一つ「Ask for Help」。日本では「調べてから来い」なんてことがあると思いますが、恥ずかしがらずわからなければ聞き、そしてわかっていれば教える、わからなければわからないと伝える、それだけで作業はとにかく早くなるそうです。一見、単純なことのようで日本ではなかなかできないことだと思いました。

最後に牛尾さんから心強いメッセージ、日本でもやろうと思ったらDevOpsでもAgileでもできます。勇気をもらえる一言でした。

動画

資料

夏まつり2016 Session1(Microsoft 牛尾 様) from takumibp

セッション2

ビジネス価値創造をエンジアリングする匠Methodの今、そして未来(匠BusinessPlace 萩本・ゲスト:ソニー 永田 様)

匠BusinessPlace 代表取締役社長 萩本の講演が始まりました。
匠Methodの真の効果という観点で「5つの効果」について話がありました。 やはり価値をデザインして、その価値の要素からビジネス戦略、業務要求を見つけ出して行くのが、楽しくて腹落ちするのかなと思います。

そして、これからの匠Methodの取り組みとして、より分かりやすくすること。そして、より本格派を目指しますという話をして、本格派という観点で活躍していただくソニーの永田 敦さんが登場しました。

イギリスのTomGilbとの連携で匠Methodの価値を測る仕組みをオプションとして導入するための研究会が始まったことを報告していただき、日本で生まれた匠Methodとイギリスで生まれた手法を繋げることに対する熱い想いを語っていただきました。 永田さんは、匠Methodは価値からビジネス戦略、業務、そして活躍へ一気通貫で繋げる唯一無二のメソッド。価値を測るためには、この価値と手段の繋がりがないといけない、匠Methodが一番可能性があるのですと話してくれています。 これは、萩本が永田さんと今年イギリスに行きアジャイルのグランドファザーと呼ばれるTomGilbの開催する会議で匠Methodを披露してきたことから始まったものです。

動画

資料

匠の夏まつり2016 Session2(匠BP 萩本・ゲスト:ソニー 永田様)
from takumibp

セッション3

価値創造ループによるシステム構築の世界

次の講演は、カラーズの田尻さんと田中 豊久の講演。

Salesforceのインプリパートナーとして匠BusinessPlaceの田中が紹介され、いきなりビジネスの価値のモデルをチームを交えて書き始めたそうです。
最初は、何をしに来たんだろうと思った。とおっしゃっていました。 しかし、途中からビジネスの価値を描くことから開発を始めて良かったと語っていました。

動画

資料

夏まつり2016 Session3
(匠BusinessPlace 田中・ゲスト:カラーズ 田尻 様)

from takumibp

セッション4(事例ローテーション1)

自分と会社、顧客そして未来を変える事が出来る匠Method(信興テクノミスト 滝口 様)

次は信興テクノミストの滝口 政行さん
まずは、匠道場で一年間勉強したそうです。こちらの写真は滝口ノートです。

その後、社内展開を行う上で、要求開発の基礎をニッポンダイナミックシステムズの支援を受けて勉強させ、その後匠Methodの教育、問題発見解決、ファシリテーション&リーダーシップ研修などを社員に受けさせ、ビジネスアジャイルや新規業務に活用、すでに40名の社員が匠Methodを使えるようになっているそうです。

動画

資料

夏まつり2016 Session4
(事例ローテーション:信興テクノミスト 滝口様)

from takumibp

セッション4(事例ローテーション2)

匠メソッドを使ったら、サイトのアクセスが8倍になった話(ビープラウド 佐藤 様)

次はビープラウドの佐藤 治夫さん

当時connpassの開発は、何を開発するかというところで、疲れて果て体力を消耗するような大変さがあったそうです。
そこで一年間匠Methodを勉強してからconnpassの追加開発に使ってみたということでした。 かかった時間は1日。成果は、メンバーの納得感があったそうです。 それから継続的に匠Methodを使っているが、匠Methodを使った後は、手段やアイデアレベルではなくプロジェクトの価値観で判断でき、消耗する議論から建設的な議論ができて、要求が爆発することもなかった。とおっしゃっています。

その結果、リリース後に横ばいしていたページビューが突然8倍になったそうです。なぜなら、明らかに価値の高い機能を納得感のあるチームで作れたから。とおっしゃっていました。
その後活用事例を複数説明していただきました。 「創って作って売る」の最初が匠Method。 「私にとって匠Methodは、リーダーシップを高めるための道具である」と締めくくっていました。

セッション4(事例ローテーション3)

覚えたての「匠Method」で、いきなり社内のワークショップを開催!!
~実施してわかったこと、感じたこと~(エヌ・ティ・ティ・コムウェア 堂向 様)

次はNTTコムウェアの堂向さん

たまたま匠Methodを使ってみないかと言われて、2チームで匠Methodの研修「匠Method実践企画」をやってみたそうです。価値からデザインするのは楽しい。とおっしゃっています。 結局、1チームの企画は、国を巻き込む一大事業になった。とのことでした。

その後、社内展開で依頼されて自分がファシリテーションをやって2つの事業企画のワークショップを実施したそうです。まだ、覚えたてなのに!(^^)
オリンピック・パラリンピックとロボット活用のサービス。いい形で進められたそうです。


その中のポイントは、

  • ファシリテーションの進め方
  • 価値から要求、業務、活動をインクリメンタル、そして、それを繰り返すイテレーションの進め方は大事
  • 価値デザインモデルの理解を得るために努力した

これからもどんどん匠Methodを使って行きたい。と締めくくっていました。

セッション4(事例ローテーション4)

匠Methodで「ジョカツ部」をRe-Design!!(インフォテック 謝花 様)

次はインフォテックの謝花 照美さん
3年前から会社で始まった女性活躍グループ(女活)がなかなかうまくいかなかったようです。

そこで、匠Methodの研修中に、女活に活用することになったそうです。 自らファシリテーションしながら進めていったが、なかなか大変だったことを語っていただきました。

その後、女活メンバーの方にバトンタッチ。価値として女活に参加して難しかったこと、匠Methodの考え方に不慣れ。価値を描くことの力不足を感じた。そうです。 匠Methodの活用はこれから、女活部をじっくり育てて行きたい。また、会社に匠Methodを広める活動を進めていきたい。とのお言葉で締めくくりました。

動画

資料

夏まつり2016 Session4
(事例ローテーション:インフォテック 謝花様)

from takumibp

セッション5

パネルディスカッション「ビジネス成功に向けた匠Method活用法」

パネリスト

ビープラウド 佐藤 様
エヌ・ティ・ティ・コムウェア 濱井 様
信興テクノミスト 滝口 様
匠BusinessPlace 田中

モデレータ

匠BusinessPlace 篠原


最後のパネルディスカッション
道場生が匠Methodの価値を語り合っている姿に感動
最高でした(^^)

記事調整中

動画

懇親会の様子

1次会

2次会